足跡を残して

「次の世代のためになれば」と思った想いを書き留めるブログ

自分の時間は自分のために

ちょっと自己紹介

ただのSE。
学部卒。


このブログは?

忘れていく学生時代の気持ち
社会人になってからの気持ち
それを赤っ恥に書き留めていくブログ


きっと誰かも同じ気持ちかもしれない。
私はこうした。そしたらこんな結果になった。
それが誰かの役に立つなら、それはそれで嬉しい。


本題

今年で社会人3年目。
職場でたくさんの人に出会った。
話の上手い人、後輩育成が得意な人、技術に強い人、使えない人


「個性的な人」は面白い。


私の最近の個人的な見解だが、
個性的というのは、「秀でた"何か"」を持っている人
そして、それを人に伝えられる人だと思う。


「個性的な人」は自己研鑽を大事にしている。


「秀でた"何か"」とは、好きな"何か"だと思う。
例えば、車や、お酒や、それこそITに関してなど。


「好きこそ物の上手なれ」とはよく言うが、
何かを好きだということは、"それ"にかける労力をいとわない。
そして、十分に成熟していく。
そういった成熟した"何か"の話は面白い。


面白いって何だ?と思うかもしれないが、
自分にとって興味がある、未知だと思う。


趣味は大事にした方がいい。


ちょっと余談

「個性的な人」であることのメリットだが、
「人に埋もれないこと」だと思う。


就活する上で、個性的であることは魅力だ。
同じスペックの人間なら、話をして面白い人の方が
一緒に仕事したいと思ってもらえるだろう。


書いていて気がついたが、情報収集も知りえたものを共有することで
面白いに繋がるなと思った。


さいごに

初めて勢いでブログ書いてみたけど、話がまとまらない。
趣味にして精進しよう。